三度目の京都「1678 / TODAY」展

7月12日(日)–7月20日(月)
@BOOK AND SONS(東京・学芸大学)
※レセプションは7月20日(月)14:00–15:00を予定しております。

タイポグラフィを中心としたグラフィックデザインの本を扱う古書店 BOOK&SONSさんで7月12日(日)–7月20日(月)の期間、1Fギャラリースペースおよび2Fにて、宝蔵院(京都)に収蔵されている一切経の版木などを紹介する「三度目の京都 -1678 / TODAY-展」を開催します。

現在広く使われている明朝体。日本での普及の起源とされているのが、宝蔵院(京都)に収蔵されている一切経の版木です。一切経は、仏教思想はもとより、天文・人文・医術・薬学・人道など社会のあらゆる面を説いた仏教の百科辞典とも言われています。三度目の京都プロジェクトでは、その一切経の版木から明朝体のように現在に残るカタチの語源を探していきます。

 


BOOK&SONSの1Fでは「1678 / TODAY展」、2Fでは「三度目の京都 アーカイブ展」を展示。また展示にあわせて、「三度目の京都 オリジナル明朝体」を配布やこれまでに刊行した書籍 [ A PRIVATE KYOTO TRAVELOGUE ] を販売いたします。