能楽師 林宗一郎さんと出会ったのは、三条のとある飲み屋でのことでした。「彼が宗一郎です」と、中島さんに紹介された彼の第一印象は、笑顔が爽やかな、ごく普通の好青年に見えました。けれど、能の世界では若手を牽引するひとり。自然と背筋が伸びたことを思い出します。

ビール片手に冗談を交わすうちに、ふと彼が言いました。
「もっと若い人にも、お能を見てほしいんですよね……」と。そこには、古典芸能の担い手というより、同じ時代を生き、苦悩するひとりの若者としての姿がありました。同時に、僕らは強く興味を抱いたのです。彼の世界を見てみたい。もし可能であれば、なにか力になりたいと。

ちょうどその頃、京都の知られざる寺院を紹介してきた僕たちにとって、三度目の京都プロジェクトを見つめ直す時期でもありました。
能を古典としてではなく、笑いあえる仲間の営みとして見つめてみよう。進むべき道を見つけたのはその時でした。

写真は「女」の面(おもて)を掛けた宗一郎さん。能舞台ではなく、屋外で装束を着るのは初の試みだったそうです。曰く「建物の中では感じられない、大地の力を感じました。」とのこと。「翁」からガラリと変わった空気を、カメラマン二人は一瞬たりとも逃さぬよう必死です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■展示情報
KG+ 三度目の京都展示

[日程]4/28(月)-5/11(日)
[場所]COCON KARASUMA 1F
[アクセス]http://www.coconkarasuma.com/access/

■イベント情報
A Private Kyoto Travelogue 出版記念イベント

[日程]5/3(土),5/4(日)
[場所]COCON KARASUMA 1F 特設スペース
[時間]14時の部 13:30 受付開始       
    17時の部 16:30 受付開始  全4回の開催です
[申し込み]要予約

詳しい内容はこちら
https://www.facebook.com/events/245224578998014/

申し込み予約はこちら
https://docs.google.com/forms/d/1DAI9NSkXgq-9YMK_i_WA_fCHzzCFXnX_4RouU8lezNA/viewform?usp=send_form

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Comment