メイキング切り出し.Still003.jpg

 

5/3(土)KG+の展示場にてA Private Kyoto Travelogue の第二弾 - DANCE ISSUE - が発売されます。

今回フォーカスしたのは日本の伝統芸能である「能」。第一弾の詩仙堂さんをご存知の方からすれば、違和感を持つ方も少なくないと思います。

「なぜお寺じゃなくてお能なの?」

これからイベントが始まるまでの時間、このページを借りて少しずつお話をしていきたいと思います。写真家、中島光行、須藤和也は能をどう捉えたのか。途中、インタビューなども挟んでいきますので、どうぞお楽しみください。

写真は、撮影初日となる宝ケ池での撮影風景です。
宗一郎さんの装束は「翁」。能では特別な存在です。目の前に降り立った強烈な存在感と向き合う、二人のカメラマンの緊張感が伝わってきます。

Comment